駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

▼仕事

指先からエロス2

わたしはボールが好き。 ボールといっても投げたり受け取ったりするボールではないの。 といって、料理もあまりしないわたしは何のボールが好きなのか。 トラックボールLOVEの、わたしがサラです。

新社会人へ

4月よね。 フレッシュマンやフレッシュウーマンが巷に溢れかえる季節、何故か4月には溢れかえっていた通勤ラッシュの新人混雑がゴールデンウィークを跨いでシレっと消えている不思議の件はすでに語ったけど、この4月から新社会人になる若者諸君に、簡単なア…

仕事と友達とフレッシュと

春だ。すっかり暖かな気候になった。会社では新入社員を迎えわたしは役員として社員全員に紹介された。 新入社員はプログラマが1人。 その他の職種も応募は多数あったしわたしも何人かの書類選考をしたのだけど、残念ながら一緒に仕事をしたいと思える人は遂…

思考硬直

思考の話。 人は日々思考して生きている、と思うのね。 少なくともわたしは、大なり小なり思考しながら生きていて、思考できる時間に感謝しているとさえいえる。 じっくりと独りの思考空間で、あれこれを仮説検証しながらロジックを組み立てる行為が大好きな…

仕事で泣く

大人になってから仕事に費やす時間が極端に増え、かけた時間だけを見れば、まるで仕事のために生きているかのよう。 仕事のために生きているのではない、と声を大にしていいたい系人類なのに、仕事のために生きていると思われがちで超不本意な、わたしがサラ…

BIRTH

大阪には楽しいお店がたくさんある。 他の地域に精通しているわけではないから、楽しいお店が大阪だけにある、とはいいきれないけど、明らかに大阪に多いのは間違いない。 今夜は素敵なお店で夕食をとった、わたしがサラです。

出来次第族

今日はなんだか朝から猛烈に眠たい。 機能はゼルダの伝説をプレイせずに寝たから、睡眠時間はいつもより多いはずなのにな。 寝すぎたから眠たいのか。 それとも、これは老化現象だろうか、とほんのりゾっとしている、わたしがサラです。

商売が上手い人

この世には二通りの人種が存在する。 それは商売が上手い人とそうでない人だ。 先週2回の日帰り東京出張で今週まだヘロヘロの、わたしがサラです。

東京出張休憩中

寒い。明らかに大阪よりも寒いんだけど。 雪残ってる雪残ってる。 早くホテルにこもりたい、わたしがサラです。 シャワー浴びてからゆっくり文章書きたい。今日は、Switchは持ってこなかったんだ、多分酔っててできないから。 既に一件大きめの商談をまとめ…

時速300kmの文句

もしかしたら雪が降るんじゃない?雪が降ったら帰れなくなるんじゃない?そんな不安を抱えて東京出張してきました。 結果無事晴れて新幹線も予定通り動きました、帰宅途中新幹線車中のわたしがサラです。

勤人を想う

今日から2018年の業務を開始した、わたしがサラです。新年早々年始ぽくない記事からはじまりはじまり。

平日に何を求めて生きているか

仕事の話。 仕事なんてものは生きる糧を得るための単なる手段、と割り切って生きるのも悪くない。 わたしの知人友人の中にも早くからそうした方針で生きている人々もいる。 彼等が不幸せかといえばそうとは限らず、自分が選んだ道を進みながら仕事以外で得ら…

沈殿についてダラダラと文句を垂れる夜

会社はどんな場所かご存知? わたしは知っているつもりでいたけど、知らなかった側面を最近でもまだ発見するコトが多い。 未だに発見があるなんて、会社とはなんと不可思議な存在なのかと驚嘆するコトしきりで、それは「わたしが正社員という立場で会社に関…

感覚と数字

数字の話。 わたしは数字が好きではない。 根底にあるのは、算数や数学に対する嫌悪感だと思う。 学校教育における算数や数学がとにかく嫌いだった。 唯一の解が存在するその強固さに、恐怖を感じていたのかもしれない。

記号

一日中、アルファベットと数字を眺めていた。 もちろん眺めていただけではなく、編集し吟味し更新していた。

鬼灯

週末が怖い。 金曜日の晩などは恐怖の入口。 世間では休み前の浮かれ時で、 遅い時刻までみっともない酔っ払い達が 偽の幸福感を表現している。

稼ぐコト

はてなブログを始めてから、お金の話をよく見かけるようになった。 ブログのマネタイズについての話題なんだけどね。

無料通話物語

初夏 一昨日のコトなんだけど。仕事終わって電車乗ったら、となりのおじさんんがイビキかき始めたのよ。「グガガガガガガガガ」って音させて。静かに本読んでたんだけど台無しで、つい肘で脇腹を突いたんだよね。そうしたら飛び起きたんだけど、反動で彼の口…

指先からエロス

仕事柄、iPhoneを個人的にたくさんもっている。 もう仕事道具としての意味が強くなりすぎて、新機種へのワクワク感とか新製品への期待感とかは、ずいぶん以前になくなってしまった。 ガラケーの時はそれなりに楽しみにしていたのにな。 iPhoneだけに限らずAn…

工数

職業の話。 人はどうにかして糧を得るために日々の大半の時間を費やす。 本当に残念な世界だとわたしは思う。

コミュニケーション幸福論

ディテールのコトをついついディティールっていってしまう人が結構多いよね、って話題を展開したいんじゃない。 物事を理解する時には、その詳細をどの程度細かく正確に知る必要があるのかっていうと、到達したい理解度によって必要な情報量は変わるよね、っ…

「楽しい」を死守していこう

つくるコトを仕事にしている。 それが「創る」の時もあれば「造る」の時もあるし「作る」の時もある。 やりたいのは創ることであるのは昔から変わらないんだけど。 自分は解りやすいからまあいいとして、仕事で関わる他人が必ずしも同じ感覚でいるとは限らな…

出張

先週、2日に渡って東京のメーカー各社を回ってきたって話。 時々は外回りつーか、いつもの仕事場から離れていつもの面々とは違った人々と逢い刺激を貰ってくるのも悪くない、なんてコトは全然思わない。 誰とも逢わないのがエニタイム・ベストだ。 コンテン…

効率厨の安息

会社員という立場を手に入れて何年かが過ぎた。 気がつけばすっかり正社員根性が身に付いた。 経営者と社員の違いは50人未満の零細企業内とて歴然と存在している。 社員の立場をおとしめるつもりは毛頭ないんだけど、とにかく楽過ぎて楽過ぎて、勘違いしない…

どうして人はさあ…。

わたしは今夜、またもや人との関わりについて否定的な気持ちになった。 以前から何度も思ってきたコトだけど、どうしてわたしは望まない他人との関わりを今でも続けているんだろうか。 仕事だから。 わかっている。 仕事しないとご飯食べられないよね。 だか…

超えられそうにない壁が目の前に

日々の生活の中で、何かを意図して行動しようとしたら、必ず毎度毎度巧くいくとは限らない。 いやむしろ大抵どんな場合でも何かしらの課題や問題が生まれてくるもの。 問題解決にはそれなりの労力を要するのだから、労を惜しむコトを優先するならとにかく何…

ノウハウの価値

know-howの話。 誰でも使う言葉だよね。 ノウハウ。 ちょっとスカした人なら、ナレッジとかいっちゃう感じ? よくはてなブログとかでも、ブログの書き方とか、CEOのコトとか、ノウハウと称して記事が書かれているのを見かける。 このノウハウって言葉の使い…

デザイナとのバトル

デザインについてうーんと考える。 ユーザビリティとか無視したい、なんて衝動にかられる。 でもそんなコトをして一番心残りになるのは自分だと知っているから、やれやれだぜ(承太郎さま)といった気分で思考を巡らせてみる。 デザインっていうのは設計、機…

理解カロリー

状況を理解していない上席の人間が会議に出席すると「突然の質問に模範解答をどれだけ返せるか大会」になるコトがある。 根本的な意図は間違ってないし言ってるコトもブレていない、ただし方法論が絶望的にまずい、っていう場面の話。 なんで答えが出てきに…

困難と自分を認識する

世間の一部じゃあ100年に一度の不況なんて声もあれば、不況の影響を体感できないんだが本当に不況なのか?という声もある。 ジャンルや業種によっては極端に景気の在り様が違ってるみたい。 大手企業の経営計画の見直しが仮に「事実の要求に迫られた判断」で…