駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

▼独り言

同窓会

昨夜は同窓会だった。オフィシャルな会ではないんだけど、20人くらいの集まり。 高校時代のそうした集会にあまり顔を出してこなかった、わたしがサラです。

無駄使い

人は無駄遣いをする、何を?人生を。人によって価値観が違うから、何を無駄にした時に耐え難い喪失感を感じるか、って話は千差万別なんでしょう。 時間を大切にしたい、わたしがサラです。

夢の街

初夢を見た、わたしがサラです。

スイッチ

最近入手困難な任天堂Switchの話題と見せかけて人生の分岐点に存在するスイッチに関する話題、と見せかけて実はやっぱり任天堂Switchの話題を書くよ。 最近Switchを手に入れた、わたしがサラです。

勤人を想う

今日から2018年の業務を開始した、わたしがサラです。新年早々年始ぽくない記事からはじまりはじまり。

年末

年末進行だと、毎日耳にする。 そろそろ仕事納めの会社も多く、月末月初の日数がそれぞれ少ないコトで、業務が圧縮される。 おまけに、12月を決算月としている企業も少なからずあるから、もう大騒ぎなのである。 わたしが勤めている会社も12月が決算月。

やりたくないコトをやりたくない

人なんて誰かのちょっとした振る舞いでいつ死んでしまうか判らないのだから、せめて楽しいと思える選択をし続けたい。 本能的に楽しいコトに惹かれて生きてきた。

白い朝の風景

曲がり角を曲がった時だった。 いつもの朝の風景、学校に向かう途中の住宅街、通り過ぎる勤め人達、ゴミ置き場の近く小声で話す主婦の塊、はしゃぎながら走り去る小学生の男児達、塀の上から動こうとしない野良猫…。 全てがいつものように流れゆく時間、何の…

ブルー・エンブレムと記憶の狭間

気が付くと、左ひざの少し上あたりがズキンと痛む。 自転車を降りた瞬間だった。 あれ?と思うけど気にせず会社に向かう。 トイレでひざを確認すると、直径3cmサイズの青あざができていた。 見るからに痛そうな色味に仕上がっている。

So In Loveの断片

ご存じか「So In Love」。 ある世代には懐かしい曲だよね。 日曜洋画劇場 エンディングテーマ曲です。 THE 昭和の日曜日の夜。

マダム

さて、わたしは大阪にて勤め人として機能している。 大阪の大阪たる特徴にあまり触れずに生きてきたコトもあって、大阪のとんでもないナニかに遭遇した時の驚きは、中々に大きい。 日頃は自転車で通勤しているのだけど、雨の日には徒歩で駅に向かう。 途中、…

白くなる

経年変化の解りやすい例といえば白髪化。 わたしの場合それはおもに「鼻毛の白髪化」という形で現れていた。 不思議と頭髪に白髪は現れずそれもまあ体質というかDNA上の都合というか、特にどうというコトはない事実。

辞書

コミュニケーション。 いつからだろう、コミュニケーション能力の価値がこんなにも高騰したのは。 企業は口をそろえてコミュニケーション能力の必要性を説くし、新入社員に求める素養として「コミュ力高い人」は鉄板。

逢い見ての後の心に比ぶれば昔は物を想わざりけり

ミチコが、あの異常なバネではてな内を飛び回っていたのは、わたしが知っている限り一ヶ月くらいの出来事だった。 もっと以前からそうだったのかも知れないけど、見えていたのはそんな程度の短い期間だった。

爪痕を残してくれるのならわたしが見えるところに 刻印するつもりで傷つけて欲しい あなたの熱は確かにここにあったと証明して

表現

表現行為の話。 書きたいコトが頭の中でまだまとまっていないのだけど、書きながらまとまるかもしれない、という気持ちで書き始めてみる。

烏賊

🦆🏍じゃなくてイカの話。 この絵文字、iPhone以外の環境でもちゃんと見えるのかな。 まいいとして。

意識

わたしは、とある電鉄の車両に乗り込むと力がスポンと抜ける。 抜けるというか、全身に力が入らなくてフラフラとしゃがみ込んでしまうのだ。

鬼灯

週末が怖い。 金曜日の晩などは恐怖の入口。 世間では休み前の浮かれ時で、 遅い時刻までみっともない酔っ払い達が 偽の幸福感を表現している。

疲れと眠気

空に向けて放り投げたんだけど、思いのほか高く飛ばず、哀しい程短い時間で地表に落下した。 こんなはずはないともう一度投げてみる。 結果は変わらない。

天才

天才秀才馬鹿の話、じゃない、天才の話。 わたしつい最近、オノミチ・アヴェンヂャーヅ(勝手に命名)っていうチームに参加したんだけど、そのチームメイトの方々を実は結構知らないのね。

リアル脱出ゲーム

【注意】本記事は下品かつ汚い内容が含まれますが画像は無関係です 会社でトイレに長居する時には必ずiPhoneを持っていくんだ。 あの非生産的で暇な時間をせめて音楽やポッドキャストで彩ろうという目的で。 今日もテンション・ゼーローで個室にこもってミッ…

学生時代夢劇場

わたしが学生時代夢劇場と呼んでいる一連の夢の話。 眠っている時に見る方ね。

稼ぐコト

はてなブログを始めてから、お金の話をよく見かけるようになった。 ブログのマネタイズについての話題なんだけどね。

無料通話物語

初夏 一昨日のコトなんだけど。仕事終わって電車乗ったら、となりのおじさんんがイビキかき始めたのよ。「グガガガガガガガガ」って音させて。静かに本読んでたんだけど台無しで、つい肘で脇腹を突いたんだよね。そうしたら飛び起きたんだけど、反動で彼の口…

朝が変わる

10年前。 わたしの朝は変化した。 ゆるやかなグラデーションの変化ではなくって、階段みたいに変わった。

食事

わたしの食事はとてもシンプル。 考えなくてはならない要素が少ないと思う。 元々、食べるという行為にさほど魅力を感じていないので、自分の食事を用意するのがとにかく面倒だし、外食するにしてもあまり情熱を持てない。

女友達其の弐

ある時、いつものようにA子から連絡があった。 高校の同じクラスの女の子3人と遊びに行くんだけど1人NGになったからお前代わりに来ない?という内容だった。

わたしははてなブログのユーザアイコンを割と頻繁にかえてきた。 それはブログの仕様上、使われる場面をすぐさますべてのケースで確認できないからなんだ。

痛み

痛み、傷み、の話。 わたしは比較的幼い頃から、痛みに強い。 肉体的な強さとか心の強さは獲得できなかったけど、痛みに対しては、そこそこ強かった。