駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

▼趣味

烏賊

🦆🏍じゃなくてイカの話。 この絵文字、iPhone以外の環境でもちゃんと見えるのかな。 まいいとして。

意識

わたしは、とある電鉄の車両に乗り込むと力がスポンと抜ける。 抜けるというか、全身に力が入らなくてフラフラとしゃがみ込んでしまうのだ。

無料通話物語

初夏 一昨日のコトなんだけど。仕事終わって電車乗ったら、となりのおじさんんがイビキかき始めたのよ。「グガガガガガガガガ」って音させて。静かに本読んでたんだけど台無しで、つい肘で脇腹を突いたんだよね。そうしたら飛び起きたんだけど、反動で彼の口…

指先からエロス

仕事柄、iPhoneを個人的にたくさんもっている。 もう仕事道具としての意味が強くなりすぎて、新機種へのワクワク感とか新製品への期待感とかは、ずいぶん以前になくなってしまった。 ガラケーの時はそれなりに楽しみにしていたのにな。 iPhoneだけに限らずAn…

言語化

言語化する意識の話。 わたしは、Nagiさんのlyric翻訳ブログ「華氏65度の冬」が大好きでよく覗く。 何の通知がなくても3回/日くらいのペースで覗く。 彼の文章を読んでいると、自分の思考スピードといい感じでシンクロして、あたかも会話しているかのような…

映画館

独りきりで映画館で観るのが好き。 単館系の作品は上映される劇場自体がちいさいコトが多いのと、観にきている人たちが少ないのもいい感じ。 マニアックな作品だと、そこに集まっている人同士が醸し出す無言の共同体空間が心地いい。 あなたもこの作品が気に…

化粧

化粧が好きだ。 といっても、普段からしっかりきっちり化粧するタイプではない。 ある程度の年齢に達した女性は日常的に化粧をするものだ、っていう概念が支配的なこの社会において、そういう意味でわたしはアウトサイダー。 本当に最低限の化粧を施すのみな…

耳の裏

わたしは耳の裏側が荒れやすい。 特に付け根というか頭との接合部分っていうか、谷間になっている部分。

音楽

ミチコと会話をしていて思いついたからつくった。 abcdefghijklmnopqrstuvwxyz.hatenablog.jp まだ一曲しか書いてないんだけど。 このブログではわたしが好きな一曲について、ダダ喋りを書くだけの平凡な文章になると思う。

英語

英語の話。 学校で教科として習った英語は、まったく好きになれなかった。 中学生の頃はまだ、大人に対する畏怖を持っていたわたしは、それでもやんなきゃなって思いながら、なんとか点数を稼いでいた。

ミチコに贈る10冊

fukaumimixschool.hatenablog.com ミチコへ。 あなたの質問に答えるためにそれなりに時間を使って考えました。 結果として、想像してきた通り、なかなかベタな選出になってしまったと思う。 でもこの10冊はこれまで何度も読んで、これからも何度も読むと思う…

a gal to kick you(アゲる時用)

気分が落ちている時に聴くと、わたしが復活できるのはこんな音楽。

ブログ

はてなブログが使いやすい。 各ブログサービスを一通り舐めてきて、最終的にはてなに落ち着いた系なんだ。

パッチギ

先日「この世界の片隅に」を観た。 とても素晴らしい作品で、中盤からラストまで、ずっと泣き続けてしまった。 劇中歌として使われていた「悲しくてやりきれない」を聴いて思い出した映画作品があった。 井筒和幸監督の「パッチギ!」。

日常美意識no.0001

大人の猥談

日本映画の中では5本の指に入るほど好きな作品「寝ずの番」。 マキノ雅彦(津川雅彦)第一回監督作品で公開当時も劇場にも見にいった。 見終わった後に必ず購入することは決めていたほど、とにかく面白かった。 劇場で何度も声を出して笑ったもの。

極限音楽から極変音楽

1993発売、ソート・インダストリーの2ndアルバム「Mods Carve the Pig-Assassins」を聴いた。 今でいうカオティック・コアにカテゴライズされる音楽なんだろうけど、93年に既にこの方法論で作品を作っていたことがオドロキ。

極限音楽

デス・メタルや、グラインド・コア、ハードコア・パンクなど、メロディの優先順位が音の突撃性よりも低いタイプの音楽は、明らかに少数派の好事家によって狭く深く楽しまれている。 なんだったらこういった音楽しか聴かないもんね、という向きの人も結構いる…

好きな本を読む

最近ガッツリとは本を読んでない。 もー活字ストレスがかなり溜まってキている。 もータップンタップン。 家に帰ると疲れ果てて寝てしまうのと、本当は電車の軽い揺れの中決まった時間内で毎日文庫を読み進めるなんてコトが大好きなのにそれが出来ない生活環…

恥ずかしい遊び

「想い出し恥ずかし」はとても楽しい。 いうまでもなく「想い出して恥ずかしがる」という遊びのコト。 過去の自分の失態や、思わず吐いてしまったクさいセリフ、昔の自分の趣味など、人生には恥ずかしい出来事だらけ。 遊び方 豊富な恥ずかしい想い出を忌み…

好みの話

削りな好みを書き出してみようと思って。 完全に思い付き記事ですので気持ちをゆるゆるにしてお読みください。 左脳派か右脳派かといわれれば右脳派。 肉体派か頭脳派かといわれれば頭脳派。 純情派か淫乱派かといわれれば純情派。 芸術派か機能美派かといわ…

正論と芸

アンチキャペーンの話。 具体的な行為として意識したコトがなくても、誰でも小さなアンチキャンペーンを実行していると思う。 同じクラスのうっすら嫌いな誰かのコトを、本人がいないところの会話でかるーく貶してみたりだとか、近所に住んでいる気が合わな…

好きな音を7つ 2巡目

もうちょっと私が好きな音楽を残してみる気になって、また書いてみる。 歌がしっかり聴こえる曲も大好きなんだよな。 で歌声が聴こえるんなら、女性の声で聴きたいなって思う。 男性の声が嫌いってわけじゃないんだけど、歌はちょっと違うつか、求めてるもの…

好きな音を7つ

わたしも人並みに音楽を聴くって話。 よくブログでみかけるオススメ記事らしきものをわたしも書いてみようと思う。 厳密にはオススメ記事ではない。 なんでかっていうと、別にオススメしたいと心底思っているわけじゃないんだ。 あ、書いてる人達も別にそう…

爪痕

夢を見ていた主人公が見覚えの無い部屋で目を覚ます。 自分が何故この場所に居るのか、何も覚えていないコトに気が付く。 部屋を抜け出ると、そこは地中深くに作られたシェルターのような場所であるコトが判明する。 なんとか地上に出てみると、荒れ果てた荒…

雨の引きこもり

雨の話。 ここ数日雨が続いている。 梅雨っていつだっけ?と思うくらい降り続いている。 周りの人達は雨をディスっている。 殆どの人が雨を嫌っている。 でもわたしは雨が好き。 雨そのものを愛しているかというとそういうんじゃなくて、雨の日に引きこもっ…

キャラクタ

キャラクタの話。 仕事柄、キャラクタを取り扱うビジネスに関わるコトが多い。 人が描いた単なる創作物に、人は価値を感じてあまつさえ自分の身の丈を超える程のコストを投入するもの。 こんなコトは人間だけなんだろうか。 サルに気に入ったキャラクタを見…