駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

コミュニケーションに必要な労力をおしつけないで欲しい

f:id:sara_pezzini:20170926145842j:plain

てきれば誰ともかかわらずに生きていたいと思っている。

そんなわたしでさえ、日常生活で最低限のコミュニケーションはとっている。

仕事をしていればたった一人きりではいられない。

たかだかなにかを買うだけでももうコミュニケイトが必要になる。

このうんざりする事実と向き合うのには時間がかかった。

 

でもね。

 

もう何度も逡巡して諦めもついたの。

最低限は必要なら、最低限だけはこなそうって。

 

駄目人間を自覚しているわたしの、数少ない誇れる思想。

だからおとなの皆さん、どうかわたしだけにコミュ力を強要しないでください。

多くの場合年上の異性なんだけどね。

 

いわずともうかがい知れ、っていう無言の圧力?

推して知るべし、っていう傲慢さ?

空気読めっていう空気?

 

どうしてそんな偉そうな発想持てるの。

 

そういうのって、面倒なコミュニケーションでも必要だから互いに労力使って成立させる系、じゃないの?

駄目人間のわたしにそんなコトいわれてる場合じゃないって、マジで。

 

何度も書くけど、わたしはコミュニケイトしたくないんです。

でも最低限だけヤってるんです。

あなたも最低限だけ頑張って。