駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

誤解が発生した時の対応が超メンドい

f:id:sara_pezzini:20171002152935j:plain

誤解の上の厄介の上の苦界。

人はとかく誤解をするものだ。

誤解を減らそうだとか避けようだとか、色々な場面で色々な人の努力を見かけるけど、わたしはいつも同じ感情が沸き起こる。

 

それたぶん意味ないよ、と。

 

誤解をなくすってコトは、充分に判り合うとか情報を同じレベルに共有するとかそういうコトよね。

これがもうあり得ないって思っちゃう。

お互いに超好き合ってて、あなたの言うコトならなんでも知りたいとか、君がどんな風に考えるかいつでも想像しているよとか、そういう関係ならもしかしたらあり得るかもしれない。

かなりキモいけど。

 

でもそういう2人の場合には誤解とかあんまり問題になんないんだよね。

誤解してても嬉しくなっちゃうみてーな。

 

誤解から発展して何か良くない問題になってるからそういう話になるんでしょ。

そんな関係なのに充分に判り合うとか情報を共有するとか本気で出来ると思ってんのはぁあんたバカァ?ってなる。

 

だいたい誤解の解消は、メンドい。

絶望的にメンドい。

自分が誤解している2人の一方なんだったら、もう誤解のまんまウマく進めちゃおうっていつも思う。

誤解してたコトさえも隠蔽しちゃう感じ。

いいよね、何もなかった、で。

 

でもそうもいかない場面が多いんだよなー。

超メンドい。

誰かさんと誰かさんが勝手に誤解し合って、それが原因で無関係だったはずのわたしにもなんだかメンドウが影響してきたりする。

だからみんな、こうしようよ。

 

誤解は解消しない。

 

誤解してるかもな、って思いながらなんとなく上手くまとまるようなワザを身に着けてほしい。

わたしができてるから多分できんじゃない?

やっすいプライド捨てたら簡単だからね。