駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

寂しくない熱帯魚

f:id:sara_pezzini:20171003122312j:plain

寂しいという感情のはなし。

寂しいってどんな時に思うんだろうか。

多くは一人きりの時とか?

大勢の中にいるのに実は寂しいってコトもありそうだよね。

 

わたしはこの寂しいという感情を、実はあまりよくわかっていない。

感じたコトが一度もない、とはいえないけどもしかしたら一度もなかったかもしれない。

 

つまりよくわかんない。

 

一人きりの時は、ああ今一人だな心地いいなって思う。

一人の時間がなによりも好き。

 

想像してみるんだけど、寂しいって思ってる時って何を望んでいるんだろう。

他人との関わりかな。

単純な関わりだったらコンビニに行ってモノを買えば10秒ちょっとくらいは店員さんと関われる。

でも違うんだろう、ってコトはもちろん判ってる。

 

他人と、心の関わりを望んでいる、ってコトなんでしょ、きっと。

でもじゃあ心の関わりって何?

お金の損得なしに気遣ってもらえるとか?

日々の苦労を労ってもらえるとか?

落ち込んだ気分を元気がでるように励ましてもらえるとか?

あなたのコトが大切だよって言葉に出さないまでも態度でなんとなくわかるように親切にしてもらえるとか?

まだまだいくらでも例を出せるけど、まあだいたいこんな感じ、かな。

 

どんだけ図々しいの。

 

わたしは他人にそんなコトを期待しない。

元々他人とあまり接したくないから何かをしてもらいたいと思ってないんだけどね。

なんだか寂しいって言葉を聴くとその裏側には、他人に何かしてもらいたがっているような気持ちが見えるようで、気持ちがぞわぞわする。

誰でもいつでもってわけじゃないんでしょうけど。

 

ただなんとなく、一人でなんとかしようって気分がないのか、あったけど折れてしまったのか、そんな印象を持ってしまう。

 

わたしは駄目人間だから、一人でどうしようもないコトが起こってしまっても、誰かと関わるのがいやで、解決から手を引いてしまう。

 

だってメンドウなんだもの。

 

状況は好転しない、でも一人でいられるならそれでいい。