駄目人間は今日も

駄目人間鬱患者サラがいいたいコトを吐瀉する徒然エッセイ

謙遜

f:id:sara_pezzini:20171010094546j:plain

謙遜の話。

日本人が大好きな振る舞いの一つ。

なんでこんなにも好きなのかと不思議なんだけど疑いようもなく大好きだ。

 

わたしはあまり好きではない。

 

好きではないから一切謙遜するコトはない、つーわけでもないんだけど時と場合をしっかり選んでいるつもり。

無条件に謙遜する人がいたとしたら、わたしはその人をきっと信用出来ない。

謙遜するにもされるにも重要だと思うのは、その謙遜が発せられた文脈を理解しているかってコトだと思う。

 

大きく分けて謙遜には2種類しかない。

 

誰かに対する気遣いと、勘違いした礼儀意識のどっちかだ。

もう徹底的にこの2種類に集約されるといっていいと思う。

 

前者は、会話やコミュニケーションの文脈を理解していた人だけが大人的振る舞いの結果としての謙遜。

これには、その場にいる誰かへの気遣いだったり、尊敬だったり、色々の想いがその裏側にあったりする。

そしてここが重要なんだけど、互いにその関係性や想いを理解し合えているからこそ、成立する謙遜、なんだよね。

 

それに対して、勘違いした礼儀意識の場合はそもそもそういう気遣いとかの、気持ち的ななにかを発端としていない。

なので、謙遜の内容はTPOから乖離したなんとも不思議なモノになりがち、な気がする。

 

いわゆるテンプレ対応。

 

そこには相互理解がないから、コミュニケーションの質としては酷く低俗な部類になっているコトも多い。

 

しかし。

 

社会人経験が浅い時なんかはこの勘違いした礼儀意識に支配されがちなのも事実。

ここは謙遜しておくべきなのか?謙遜しておくのが正解なのか?と、まるでコミュニケーションには絶対的な正解例が存在していて、そこからはみ出るのは社会人として悪だ、って信じているかのように。

 

うん、気持ちは解る。

 

それまで経験したコトのない人間関係が次々と構築されるし、自分の感情とは無関係に思える理屈によって物事の良し悪しが決定されている、ように見えるものだろうしね。

 

でも、よく考えて欲しい。

 

社会は実はすっごくシンプルなの。

すべてとはいわないけど想像しているより遥かに多くのケースで、物事は簡単なの。

 

謙遜もそう。

 

相手への気遣いから素直に出てくる言葉、感謝の念から素直に出てくる言葉なら、礼儀を気にしていいたいコトを我慢する必要などない。

 

それでももし不安になるなら、感謝の言葉を述べればいいと思う。

 

褒められたり讃えられた時はその気持ちに対して、ありがとうございますといえばイイと思う。

お礼を述べて失礼い当たるコトは滅多にない。

 

そうやって経験を積み重ねていくコトで、謙遜する場面についても、じんわりと判ってくるものだから。

 

下手な謙遜程白々しいものはない、ゲンナリ、最悪、喋らないで、マジで。