駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

極限音楽から極変音楽

1993発売、ソート・インダストリーの2ndアルバム「Mods Carve the Pig-Assassins」を聴いた。

 

今でいうカオティック・コアにカテゴライズされる音楽なんだろうけど、93年に既にこの方法論で作品を作っていたことがオドロキ。

 

恐らくは過激な飛び道具を持ったスタッシュメタルという印象だったのかな?

いや、プログレとして認識されていたのかな?

 

音色も個性的で、ヘン。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

つか、ダリ使っちゃっていいの?

 

ただこのバンド、ガッツリ歌モノのロックもプレイする。

これがまた、とても美しい曲だったりする。

 

バッキングのギターも、然程歪んではいないんだよね。

 

ガチャガチャと煩雑な中に変態的な構築美を持ち込んだ曲、メロウな歌モノ、完成度の高いスラッシュ、それぞれが本当にゴッタ煮状態で一枚のアルバムに収められている印象なんだよな。

 

まるで別バンドの音源にさえ聞こえる程にバラエティに富んだ内容。

富んだというか跳んだというか。

 

残念ながら、5枚のアルバムを残して解散している。

今こそ受け入れられる可能性があるなーと思うだけど、いかがか。

って22年も前のアルバムなんだけどね。