駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

大人の猥談

日本映画の中では5本の指に入るほど好きな作品「寝ずの番」。

マキノ雅彦津川雅彦)第一回監督作品で公開当時も劇場にも見にいった。

見終わった後に必ず購入することは決めていたほど、とにかく面白かった。

劇場で何度も声を出して笑ったもの。

 

原作は故中島らも

 

上方落語のとある一門をとりまく人間関係が土台となり、色々な通夜のシチュエーションを描いていく。

 

この作品R指定が付いていて、実はかなり淫靡な内容なんだ。

話そのものや設定が淫靡なのではなく、単純にセリフがモロ、ってコト。

 

「おまんこ」「おめこ」「おそそ」などが、日常会話としてポンポン出てくるし、引っ掛けた女性との一夜の出来事を兄弟弟子に語るシーンなどでは、面白おかしくフィストファックの経験を語ったりする。

 

これがまた全然下品になっていないところが凄く良くて、ちゃんと笑いの方向で昇華されているのが清しい。

 

いや下品なんだけど、嫌味がないつか。


劇中、春歌による歌合戦が始まる場面がある。

歌詞は小学生並みに下らない下ネタなのに、なんだか大人の香りがして嫌味に感じなかったのが不思議。

これは監督のセンスに寄るところが大きいのかもしれないな。

 

ハァ〜

チンポチンポと いばるなチンポ

チンポ オメコのつまようじ

チョイナチョイナ

 

 

文字に書くと雰囲気が伴わないのでえらくゲッすいことのように見えるな…。

このテの春歌を、中井貴一木村佳乃堺正章らが三味線を弾きながら粋に歌うわけ。

まー中井貴一の声が、なんと良い響きか。

この人関西弁も上手(萌)。

 

全編を貫くイメージは明るく能天気。

でも関西芸人の義理人情といった暖かな空気は常に並走していて、ちょっと切なくさせられたりもする。

大人だからこそ笑えるんじゃないかな。

寝ずの番