駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

第三感謝記事

ありがとう(1) (ビッグコミックス)

今日初めて、デイリー・ページ・ビューが300アクセスを超えた、いえ、超えさせていただいた。
そんなつもりなかったのに爆裂嬉しい、いや嘘そんなつもりだったの、正直。


こんな、人生の役に立たない思いつきの吐き捨て駄文墓地予定地工事中(←卑屈)に、誰かが訪れてくれる怪奇と歓喜

 

1日は1,440分だから、300で割ると4.8アクセス/分のペースで怪奇が起きていたってコト。

ざっくり15秒に1回くらいアクセスしてくださった、ってコトになるね、多分。

あ、この計算意味あるの?

 

で。

わかってるよね。
来たからには読んで。

脳内がどうしようもなく元気な日には、ついつい何回でも書いてしまう。
以前はアクセス数稼ぎ的なコトとかを全然考えていなかったのだけど、一度300PV/日は目標期間内に達成してみたくなって、ここ数日時間が許す限りタイピングしてみた。

 

お陰様で、目標期間半分で300アクセス達成できたの。

 

連投がアクセスに繋がるのかとか、内容がどうだとか、そっち方面の知識は超うっすいので、ただ無計画に書き続けるというコトしかできなかったんだ。

ごめんね、文章長いよね、っていつも後から気がつくの。

 

けどまあ、ちょっと気分は落ち着いた。

 

理由がどうあれ、書ける時にしか書けないような気がするから迷わず書き続けてる。

 

今日書けるコトが明日も変わらず書けるなんて、誰がいった?

 

あ、いうほど熱くないので誤解なきよう、基本は自由な思いつきですのでね。

ゆるく生暖かくチラ見してくだされば充分だと思ってる。

 

正直、もう数字的なコトはいっかなって思って。

大した数字でもないんだろうし。

もともと苦手なんだよね、数字。

わたしのセンター試験数学Iの点数はいいネタになるレベルなんだからねっ。

 

わたしの脳内で発生した電気信号は一度、わたしの指先を動かしてキータイピングの仕事をしたのち、再度0と1の世界に戻って、日本中の誰かの視界まで飛んでいく。

そしてあなたの視神経から最後の電気信号になって脳内にわたしの爪痕を残すの。

えいっ、ぷすっ。

 

これは大雑把にいえば、わたしの脳とあなたの脳が直結しているってコトでもいいんじゃない?(←こういうトコ雑な)

 

さあ、わたしと何度も何度も直結して。

 

まっだまだ妄想も文句もいい足りないから、皆様方の為に書きます。
よかったらまた覗いてね。

 

ワタシ ハ ダメニンゲン サラ
コンゴトモ ヨロシク