駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

女友達其の壱

f:id:sara_pezzini:20171109234356j:plain

私の友人の話。

もう何年だ。

小学生だった頃からなんとなくの腐れ縁。

当時から、超仲良しの親友だよねっ!みたいな空気はわたしたちの間にはなくって、互いに面倒ごとを擦り合うような関係性だった。

 

お前やっとけよ。

やだよ、お前やれって

 

そういう会話が自然に出てくるような感じ。

変に気を使わない分、最初から自分をさらけ出すコトができていたのかも。

 

彼女を仮にA子とする。

 

A子は基本的に強気な子だった。

勝気というか喧嘩っ早いというか、自分が本意でない状態で他人に何かを譲るのが死ぬ程嫌いだった、いや今でもきっとそう。

 

だから、どちらかといえばクラスの中でもボス的存在に近いイメージだった。

なんで彼女とわたしの関係が今でも続いているのかわからない。

殆ど真逆の人間性、趣味、見た目、なのにね。

 

「ただなんとなく続いているもの」は、強烈な理由がない限り途切れるコトがない。

学生時代から社会人になった今まで、彼女との友人関係は継続している。

 

A子は学生時代、よくモテていた。

男からも女からも。

見た目に派手さはなく、身につけているものはかなり質素というか地味だった。

 

シンプルさをとても大事にしていた。

 

ただ、人間的にはインパクトがあるタイプ。

背は比較的高くて、髪は短め、なんだか男の子みたいだった。

化粧っ気もほとんどなく、しかし顔立ちがくっきりしていたから、誰でも一発で顔を覚えていた、と思う。

そして、しょっちゅう色んな世代から告白を受け、ことごとくフっていた。

 

彼女は、仮に自分がまあまあ好きだと思っている相手でも、自分から狙ってなんとか手に入れた恋愛でないとまるで興味がない、といっていた。

 

なんて偉そうなヤツ。

 

中学時代は不機嫌そうにそんなコトをよくわたしにボヤいていた。

わたしはちっとも面白くなかった。

わたしは今でもそうだけど人間的なインパクトがないタイプの凡愚だ。

完全に欠落している。

他人との関わりを嫌い、ごく一部の近親者とだけ会話をしたいと子供の頃から熱望しているようなコミュ障だ。

だからA子がなぜわたしになんか関わったり連絡をしてくるのかずっと不思議だった。

 

いや、今でも不思議は解消されたわけじゃない。

 

ただわたしの側も、幼い頃から気を使わずに済んだ数少ない他人だったから、A子と話していても気楽だったし今思えば会話を楽しんでいた、のかもしれない。

 

あと一番楽だったのは、A子からどんどん私にアクセスしてくれるコトだった。

会話の切り出しや連絡の発端はいつもA子からだった。

今でもそう。

自分から行動する必要がない人間関係ほど、割り得感のあるものはない、と思う。

なんだか優越感も誤解できるしね。

彼女はわたしがそう感じているコトも知っていると思う。

 

高校は別々になった。

わたしは公立高受験に失敗し私学に通うコトになり、A子はわたしが実力不足で諦めざるを得なかった公立校に難なく合格した。

難なく、だったのか厳密には解らないけど、多分合ってると思う。

 

そのコトは、少なからずわたしの心に傷を残した。

A子は知ってから知らずかまったくわたしに気を使うコトなどなかった。

こんな高校入るんじゃなかったとか、思ってたよりも周りの同級生がつまらないとか、学校を貶すような愚痴を平気でわたしに聞かせた。

 

わたしは、ふーんと興味のない感じで相槌を打つだけだった。

お前が貶してるその学校にわたしは行きたかったんだよ、と口に出していうコトはしなかった。

 

安いプライドらしきモノがわたしにもあったんだと思う。

今になって思えば、彼女なりの気遣いだったのかもしれないけど。

 

つづく