駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

辞書

f:id:sara_pezzini:20171214103453j:plain

コミュニケーション。

いつからだろう、コミュニケーション能力の価値がこんなにも高騰したのは。

企業は口をそろえてコミュニケーション能力の必要性を説くし、新入社員に求める素養として「コミュ力高い人」は鉄板。

さて、わたしは仕事で対価を得るという生活を約XX年続けている。

しかしこれまでずっと、ここ5年を切り取ったとしても、コミュにケーション能力が高いなと感じる人の割合が変わったとは全く感じていないんだ。

むしろ、「コミュ力って必要だよね」という空気に便乗しているのに自身はコミュ力低いコトに気が付いていない、的なケースを目にする機会が増えて、心理的な部分でいえば状況は悪化しているんじゃないの?とさえ思う。

 

「じゃあお前はコミュ力高いのかよ?」

 

ソレはまあいいじゃん。

誤魔化したいのではなく、テキスト上でわたし自身のコミュニケーション能力の程度をお伝えするのは不可能だし、伝えたところで論拠が弱いと思うからあまり意味がないと思うんでね。

でナニがいいたいのかっていうと「コミュニケーション能力」というものをわたしがどう捉えているか、どういう能力のコトだと考えているか、ってコトにフォーカスして書いてみようと思う。

これも念のため書いておくのだけど、わたしはできる限り不必要なコミュニケーションを発生させたくないと思いながら日々暮らしている。

だから結果的にコミュニケーションの在り様を自分なりに考えて結論付けたっていう話。

 

自由で無節操な持論。(コミュニケーション能力とは-サラver.-)

 

多くのブログエントリやノウハウ系書籍で謳われるコミュニケーション能力は、すなわち「会話の能力」であるコトが多いね。

コミュニケーションには会話が不可欠という前提によって論理展開していく、まソレは間違っていないと思う。

しかしわたしの感じている結論としては、コミュニケーション能力が高いコトと会話能力が高いコトとは、必ずしもイコールではない、と思っている。

 

どういうコトか。

 

わたしが思うに、コミュニケーション能力の8割くらいは「傾聴」に尽きる、んじゃないかな。

社会に出てよくわかるのは、世間とはとにかく人の話を最後までちゃんと聴こうとしない人の巣窟だというコト。

よく、大事なコトなので2回いう、みたいなフレーズがあるけど、大事じゃないコトまで2回いわないと駄目な状況が日常的に頻繁に起こる。

 

文章を読めない人の特徴は「文章の理解力が致命的に低い」のではなく「自分にとって気になる単語」が文中に登場した瞬間その先を読まなくなるコトであるように、誰かが喋っている言葉の中に「自分にとってインパクトがある単語」が出現した瞬間に、相手がいっているコトを聴かなくなる(本当に一切聴かない)人が多い。

 

誰かが自分に語り掛けている時、自分の頭の中に「これをいいたい」と感じた人は、その案件を保留しながら、まずは相手のいっているコトを聴き終え、それから自分の主張を展開すればいいハズ。

 

普通はね。

 

対話してる時っていうのは脳が穏やかな状態ではないので、普通に考えれば誰でも判るしできるようなコトを実行出来ないのかもしれない。

また別のケースもあるでしょう。

人の話はしっかり聴いてるんだけど会話が円滑に進行しない、みたいなケースとか。

とにかく最後まで聴いて、といいたい。

 

対話っていうのは情報の塊をキャッチボールのように互いに投げつけ合いながら、徐々に情報の形を変えていくコトに意味があるのかなと思うんだ。

 

それが有意義な情報でも無意味な情報でも。

 

この情報キャッチボールの際に、多くの人は「相手が持っている辞書は自分の辞書と同じものだ」と勘違いしがちで困る。

必ずしもそうとは限らないってコトは、誰でも知っているはずなのに。

いい変えると「ごく稀に存在する同じ辞書を持っている人」は、当人達にとってとても価値のある存在ってコトだよね。

 

とにかく前提は「相手が持っているのは自分のとは全然違う辞書である可能性が高い」ってコトだと思う。

 

じゃどうするのか。

 

同調と共感がその答えだと思う。

「同調」だとか「共感」などという言葉もまた、本来言葉が持っている意味以上の印象や空気(?)を持っている厄介な単語だ。

反応しちゃう人が多い、ってコトかな。

 

わたしがいいたい「同調」「共感」は、「一旦自分のキャラを変えてみる」といい変えられるかもしれない。

何も、すべからく本気で心の底から「同調」「共感」すべし、といいたいのでは決してない。

 

まず相手の辞書を自分も持ってみる、って感じ。

 

手持ちの辞書が異なっていた場合にとり得る選択は3択で、01.自分の辞書を相手に持たせる、02.相手の辞書を自分が持つ、03.それぞれの辞書のままで居続ける、のいずれかでしょ。

でわたしは、ひとまず「02.」を選んでみようよ、といいたいワケ。

一回持ってみるけど後で自分の辞書を持ち直す、ってことを前提にして。

 

これもまた、何故だか「一度でも相手の辞書を持つコト」を負けたと感じる人が多いようで、「一度持ち替えたらもう一生自分の辞書は持てない」とでも思っているかの如く、何がなんでも自分の辞書を固く握りしめたままの人を見かけたりもする。

 

いいじゃん、一回相手の辞書覗いてみても。

 

最終的に主張が180度違う相手であるという可能性は常にあるけれどいつも最短コースを選ぶ必要などないじゃん、というかコミュニケーションってそういう目的じゃないって思うんだ。

 

だから、自分の主張や考えと違う相手と会話(それが例えばチャットなどでも)する時は、相手の側に回ってみてあちこち観察するようなつもりで「同調」「共感」してみるといいんじゃないか。

 

別に騙すワケじゃないのだし。

 

わたしもそうだけど、最終的にはやっぱり自分の辞書を持ち直せばいいじゃん。

時々は、相手の辞書を覗いたコトで自分の辞書の一部分を更新したり修正したりするコトもあるかもしれないよ。

 

わたし、コミュニケーションはとてもカロリー消費量が高いと思っている。

だからできるだけその総量、機会を減らしたい。

でも実生活においてゼロにするコトは不可能だと知っている。

だから数すくない自分から望むコミュニケーションや、最低限必要となるコミュニケーションについては、その質を可能な限り高めたい。

 

そんな感じ。