駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

年末

f:id:sara_pezzini:20171227172236j:plain

年末進行だと、毎日耳にする。

そろそろ仕事納めの会社も多く、月末月初の日数がそれぞれ少ないコトで、業務が圧縮される。

おまけに、12月を決算月としている企業も少なからずあるから、もう大騒ぎなのである。

わたしが勤めている会社も12月が決算月。

わたしはマネジメントに関わるコトも仕事の範囲内なので、1年の会社の通信簿みたいなものをここ数日いじくりまわしている。

今期はこんな感じでなかなか良かったよ、みたいなコトを会長や社長に対して視覚化して報告する感じ。

会社規模的には経理や総務、庶務を専属で雇う程ではないので、上席の人間が手弁当で色々をこなしている。

それはそれでいいのだけど、そろそろ組織としての再設計をしてもいいんじゃないかなって思う部分も多々ある。

 

少ない人数で立ち上げた会社が40人とか50人とかの社員を抱えるようになって、組織としての在り様を変えなくてはならなくなるタイミング、変わるコトを社員達から望まれるタイミング、というのはなかなかデリケイトで手間のかかる時期でもある。

わたしはそういう手間のかかるコトについて過去の経験則を活用する旨期待されて、今の雇用を獲得したと思っているので「これからが本番」というイメージでいる。

正直いって現状は組織的なあれこれが恐ろしく欠落している状況なので、色々のほころびが見えるようになる前に、粛々と手を打っていきたいと思っている。

まあどこもそんな感じなんだよね、会社って。

組織的な改変を先送りにしても消えてなくわるワケではないように思うから、準備だけは進めておきたい。

まずは人事考課からかなあ、給与モデルの更新からかなあ、などとぶつぶつ頭の中でつぶやきながら、計画や実績をまとめる年末。

 

泣いても笑っても叫んでも吠えても唸っても、今日で仕事納め。

明日は大掃除してその後納会して、ビンゴ大会でiPadでも手に入れたら今年のやるコトは概ね終わりなのよね。

iPad欲しいな。

 

さて、今年観た映画でもまとめようかなっと(仕事中に)。