駄目人間は今日も

駄目人間鬱患者サラがいいたいコトを吐瀉する徒然エッセイ

楽器

f:id:sara_pezzini:20180111212253j:plain

最近しばらく演奏してないな。 

楽器演奏が大好きなわたしがサラです。

楽器との出会い

わたしは楽器が大好きだ。元々は音楽が好きで、というコトではなくわたしの場合モノゴコロつく前から楽器を触っていた、いや正確には触らされていた。 

両親の酔狂な野望によりわたしは、かなり幼い頃から楽器を買い与えられ先生に習っていた。大人になってから両親から聴いた当時の生活ぶりは、決して裕福ではなかったそうなので、それなりに無理をしてわたしの為にお金を使ってくれていたのだなあと感謝するコトしきりだ。

ただ子供というのはそういう親の心を無自覚そして簡単に踏みにじるもので、彼らは何故こんな面倒で誰とも共有できない手習いを自分に強いるのか、と常々不満に思っていた。

そしてその気持ちを隠すコトなく両親にぶつけていた。当時我が子の為を想って生活を多少犠牲にしてまで楽器を習わせてくれていた両親の気持ちを想像すると、今でも胸が痛い。

しかし今更もうどうしようもない過去の出来事なのでわたしは「まあ仕方ないじゃん、子供ってどういうもんだし」と思うコトにしている。

ただ当時はそんな親不孝な感情を持っていたわたしも大人になってからは、とにかくこの幼い頃の音楽体験に感謝しっぱなしだ。

それはわたしという存在を構成する多くの要素にことごとく影響しているからで、そして重要なのは、わたしがその影響を嬉しいと感じているからだ。楽器を扱えるコトは、子供の頃はあまりメリットがなかった。

楽器を扱えるというコト

合唱コンクールでは伴奏を担当させられるし、リコーダーのテストとなれば友達から譜面の音階起こしを頼まれたりする。

多くの人はピアノ伴奏者への抜擢を羨んでくれたり褒めそやしてくれたりしたけれど、わたしは嫌だった。

独りで難しい伴奏を練習するのではなく、みんなと一緒になって歌って、時には歌わずに口パクしてサボったりしたかった。

伴奏担当者は、絶対にサボれないし、失敗は許されない。意外に気が付いてもらえるコトが少なくて驚くのは、ピアノ伴奏者が背負うプレッシャーの大きさはあまりフォーカスされないってコト。

そういうコトもあってわたしは、中学を卒業するまで楽器演奏をあまり好きになれなかった。しかし高校生になってから楽器の素晴らしさに気が付くコトができた。

そこからのわたしは節操がなかった。

楽器猿の時代

ロックにハマっていたコトも手伝って、わたしは複数の楽器にテを出した。結果的に、アコースティック・ギター、エレキ・ギター、エレキ・ベース、ウクレレ、ドラム、カホン、ピアノ、その他鍵盤関連、を演奏するコトができるようになった。

一番永く続いているのは鍵盤で、その次はドラム、カホン、ギターと続く。これらの楽器は偉そうにも、人前で演奏させていただく機会も多く与えていただいた。

そんな機会も音楽に対する愛情や興味もすべて、幼い頃に両親が楽器を与えてくれたコトがきっかけだと思う。

ちなみに私の父は、趣味でフルートを吹く人だ。吹奏楽部などに所属した経験もないのに、吹きたいという理由だけで趣味にしてしまったような感じ。母はギターを少し弾いていたようだけど、主には鑑賞したりLIVEにいくコトのほうが好きだったみたい。

わたしはそんな経験から、楽器演奏を人に薦めるコトが度々ある。

興味が沸かないのなら仕方ない、演奏なんかしなくていいと思う。でも興味はあるしやってみたいけど、難しそうだし今更恥ずかしいし、みたいな反応が返ってきた時は、ちょっと残念な気持ちになる。こんなに楽しくて素晴らしい経験ができるのに、何を躊躇する理由があるのか、なんて思ってしまう。

現にわたしは、ずいぶんと大人になってからカホンウクレレを始めた。ウクレレはまあ弦楽器という意味でギターやベースに近い感覚があったのは認めるけど、カホンなんて何の経験も使えなかったものだ。

まあリズム感とかを含めるなら流用した技術もあったにせよ、それでもゼロから始める感覚もあった。

打楽器の魅力

ここでカホンを紹介しておかなくてはならない気がしてきたから動画を貼り付けておこうと思う。大好きなパーカッショニスト仙道さおりさんのプレイ。

こういう楽器なんです、カホン。仙道さんかっこいいよね、大好き。何年も前だけど彼女のプレイをみて、楽器って自由でいいというコトをわたしは思い出した。

あと、リズムの面白さも。

自宅でフルテンションで演奏するのは難しいけど、アナログ楽器なので音量は自分の力次第で調整できるんだよね。

つまり、生活に楽器を持ち込むコトができる。

それなりに練習してきてまだまだできないコトは多いし、これからも続けていくと思うんだけど、こういうスタイルをわたしは勧めたい。独りで充分楽しめるんだよ、楽器って。

そして節操のないわたしは次なる打楽器も、ここ数年気になっている。タブラだ。

まあなんとなくニュアンスは近いものを感じるでしょ、カホンと。歴史的には全然タブラのほうが古いと思うんだけどね。

こういうアナログな、人の手と楽器が作る空気振動によるグルーヴというヤツに、わたしは強く惹かれている。

最後にヒトコト

いつか、個人的にレコーディングしたいなと思っている。まだ先だろうけど、作品にしたいと思っている。指先で奏でたいんだ。