駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

京都訪問の目的

f:id:sara_pezzini:20180124193054j:plain

昨日は朝から京都にいってきた。 

お世話になっている会社さんへの年始挨拶を兼ねて営業回りのようなコトをすると社長に説明して、できたらちょっとお気に入りのカフェにでも寄りたいななんて企んでいたら、挨拶回りだったら俺もいく!といわれてガッカリした、わたしがサラです。

寺ゾーン京都

京都は基本的に好き。お寺さんが多いのだからもうそれだけでテンションが違う。

厳密にいえばお寺さんが好きなのではなくてそこに在わす仏像さまが好きなんだけど説明が面倒なので大抵はお寺さんが好きといっている。

京都は、石を投げればお寺さんか神社に当たるんじゃないかと本当に思うくらいに、寺社仏閣の数が圧倒的に多い。

よその土地のように、厳かな雰囲気の中に佇んでいるのではなく、街中当たり前のように、生活の一場面として突然お寺さんが現れる感じ。

民家に見えて実はお寺さん、みたいな場所も少なくない。だからわたしは、京都は大体どこに向かっても楽しい。

底冷えの地

知っているお寺さんを巡るのはもちろん、意外な場所で出会う、ハプニング参拝もスリリングでいい。ただ、そんな楽しみ方はかなり個人的な好みが反映されるので、独りで行動するコトにしている。 

思いつくままにあちこち移動するのだから、他人を巻き込むのは気がひけるんだよね。だから、仕事が終わったらどこか一箇所だけでもお寺さんにいこうと思っていた。

でも社長同伴が確定した時点でその企みは敢え無く潰えたのだった。 

京都は酷く寒かった、底冷えがエグい。挨拶訪問と営業業務をキッチリこなして、夕方前にはその日のミッションはコンプリート。

もう社長と一緒だしあとはダラダラして時間潰すかななんて思ったわたしは、社長をスターバックスに誘う。

社長の思惑

帰ろうとしていた社長は、あっさり付き合ってくれる。そして、暖かい店内で半分眠りながら定時までの時間を少しでも削ろうとするわたし。しかしいよいよ1時間をすぎた頃に社長はいった。 

そろそろ帰るわ。

あ、会社に帰りますか、えっ、違う?家に帰るって?えっ、体調悪かったんですかあらあら、あ、訪問終わったらそのまま早々に直帰しようと思ってたんですか、そうなんだそうだったんですか、おやおや。

早くいってよね。

お寺さんいけたじゃん。わたしは拗ねて、会社に帰っていった。