駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

眼鏡愛好癖

f:id:sara_pezzini:20180125124903j:plain

眼鏡。あなたは眼鏡をかけているかな。

あなたは眼鏡をかけてはいないけど好きかな。

眼鏡が大好きでもちろん自分もかけていてそろそろ新しい眼鏡を買おうと思っている、わたしがサラです。

ピンクの眼鏡

眼鏡がなんとなくいいなと思い始めたのは、小学生の頃に同級生だった、キヨちゃんのピンクの眼鏡が可愛かったからだ。当時は眼鏡がオシャレの範疇とは感じていなかった。

どちらかというと、むしろハンディキャップとしての意味合いが色濃かったように思う。眼鏡をかけている友人はまださほど多くはなかった。

わたしの記憶では、高校生の時に身の回りで眼鏡をかけている人が急に増えた、はず。

しかしわたしは、小学生の頃から眼鏡をかけたくて仕方がなかった。キヨちゃんみたいな可愛い眼鏡がどうしても欲しかった。

欲しかったけど、わたしは視力がすこぶる良かった。少なくとも小学生の間は、両眼とも2.0を割るコトがなかった。 

それなりにテレビを観ていたしそれなりに読書をしていたけど、視力が劣える気配はまるで感じなかった。その傾向は中学生時代もなんなくクリアして高校生になる頃には、視力低下を諦めた。

諦めて伊達眼鏡をかけた。以来わたしは眼鏡っこだ。

恍惚の眼鏡

かけてみてわかったのは、眼鏡は見た目も素敵だけど、かけた感触も最高だというコト。官能的と呼んでもわたしとしては差し支えなく、眼鏡の官能的な部分についてはまたいずれじっくりと語りたいけど取り敢えず置いておいて、高校生以来わたしは様々な眼鏡を購入してきた。

主にはアイテムとして見た目が気に入った物を選ぶのだけどそれだけでは当然駄目で、なんといってもかけ心地が最重要ポイントね。これにはかなり面倒なこだわりがある。

基本的には、あたまを締め付けすぎないフィット感を求める。しかしモノによっては絶妙に締め付け具合が気持ちいい場合もある。

そして、締め付け具合が気持ちいいと思える眼鏡は、フィット感を得られる眼鏡よりも圧倒的に少ない。

超レア。

わたしはこれまで何度か、このレアリティに属する眼鏡を手に入れてきた。いわば、恍惚の眼鏡だ。いっていまえば、眼鏡はわたしにとって、かなり性的な意味合いも強い。

theoが素敵

さてそれほどに眼鏡に対する愛情を持つわたしが、今年は眼鏡を一本買おうと思っている。いうまでもないと思うけど、必要に迫られたわけではない。 

現在レギュラーで使っている眼鏡は4本。その内の1本がベルギーのメーカー「theo(テオ)」のオーバルで、わたしは大変気に入っている(最初に貼り付けた写真参照)。

theoの眼鏡は、かなりエキセントリックな印象を持たれがちだ、うん確かに変わってるよね、わたしもそう思う。ただ、かけた感触は見た目ほどに奇抜な感じじゃ全然なく、むしろかなりフィット感を感じられる仕上がりのモノが多い。

ただ、それなりの値段はするので、「ここぞ」という時にしか手を出さないコトにしていた。そして今年は、「ここぞ」なのである。

これは主に仕事上の話題。細かいコトはまあいいとして、わたしは今、どのtheoを買おうかと絶賛悩み中。オーバルもいいけど、スクエアのシャープな感じも良さそうだし、かなり奇抜な眼鏡に手を出すのも悪くない、などと隙あらば眼鏡のコトばかり考えている。 

楽しい眼鏡ライフを送れてわたしは本当に幸せ者だよ。

購入を迷っている眼鏡達

f:id:sara_pezzini:20180125125314j:plain

f:id:sara_pezzini:20180125125325j:plain

f:id:sara_pezzini:20180125125351j:plain

www.theo.be