駄目人間は今日も

鬱病を持っている駄目人間サラが吐瀉する徒然エッセイ

働くコトにみんな頭使ってるのか

f:id:sara_pezzini:20180528142027j:plain

働くコト。

あなたは働いているだろうか。

この場合の働くとは、対価を得る行為のコト。

働いていなくても生きていける、たぶん日本なら充分生きていける。

働くコトが大好きな、わたしがサラです。

働き方改革とかね。

最近、というかずっとかもしれないけど、世間ではとかく「いかに働くか」という議論が繰り返し展開されているらしい。

わたしはこのテの議論には積極的に参加しないから、外野の想像に過ぎない感想になっちゃうのだけど、いつになってもこの話題がなくならないってコトは、いつになってもみんな働き方に納得していないんだなって思う。

満足していたり特に取り沙汰するまでもないなら、一々そんな議論にならないんじゃないかなって思うからね。

 

働くコトに満足していない。

 

対価が希望額よりも安いとか、業務内容が想定していた内容と違っているとか、対価も業務内容も問題ないけど上司が嫌いとか、そもそも働きたくないとか。

わたしとしては、文句いうくらいなら辞めたらって思っちゃうんだけど、職を失うコトの恐怖もそれはそれであるらしくて。

でもさ、日本って社会保障がまあまあ整備されてるんじゃないかな。

自分のヤリタイコトをどの程度実行しながら、社会保障を活用しつつ、納得度の高い生活をどんな風に手に入れるのか、って充分考えられる環境にあるような気がするんだけどな。

わたしはたまたまありがたいコトに、自分がやりたいと思える仕事に出逢うコトができた、そしてラッキーなコトにその職に就くコトもできた。

でもやりたくない仕事は、若い頃のアルバイト時代にあったかなかったか、というくらいで、とにかくやりたくないコトを避けながら生きてきた。

 

やりたくないコトをやらない。

 

これは今でこそ、そういった生き方もあるよねといった風潮があるものの、かつては駄目人間認定されたものだった。

やりたくないコトでも率先して実行し、誰かの役に立つコトは素晴らしいコトだ、と。

わたしは、それは素晴らしくない、何よりわたしにとって素晴らしくない、とずっと思っていたけど、なかなか人に伝えるのは難しかったなと記憶している。

 

滅私奉公の価値が失われたとはいわない。

 

でも「個人の欲求と社会貢献の方向が一致する選択肢」を探すくらいの思考は、一人一人が持っていたらいいのにな、って思うんだよね。

ドチラを選んでもいい状況の中で、一方は何かを我慢しなくてはならず、一方は比較的好きな行為だったとしたら?

他人様を見ていて、この選択肢について「今見えているものが全てだ」と思い込み、思考停止している中で苦しい決断を下しているな、と感じるコトがある。

 

もっと他の可能性もあると思うよ。

 

そういったところで、彼、彼女、と同じ船に乗っているワケではないわたしの言葉は、空しく空を横切るだけだろう。

でもね。

わたしは、そうして生きてきたんだな。

嫌だと思うコトを本当に回避したいと考えて、試行錯誤したんだよ。

 

考えた結果、生活保障を確保するだとか、パトロンを見つけるだとか、全く別の行動から始めてみるだとか、色々の可能性もその選択の土俵に立ちあがってくると思うんだ。

もしかしたら誰かに助けてもらう、というケースもあり得るかもしれない。

でもそのコトとて、自分で考えて実行したいと思ったのなら、それはもう自分の生き方なのだから、どうしようもない。

どうしようもないというか、もうやるしかない。

 

企業に勤めるコトはコスパが良いとか悪いとか。

貴重な自分の人生時間を、くだらないコトに割いているなって、わたしなどは思っちゃう。

人生が有限であるコトを忘れたいのか興味がないのか。

 

そうはいっても、現実はそうそう簡単じゃない、って思うかな。

 

そう簡単じゃない。

でもね、それなりの経験をしてきたわたしの感覚でいうと、どの状況においても「難しいな」と感じる壁は存在している。

絶対的な難しさはそれぞれだとしても、とにかく「難しい」と感じるコトがなくなる状況なんていうのは、なかった。

だとしたら。

「難しいと感じている何か」は、絶対的な障壁じゃないのかもしれないよ。

そう思い込んでいるだけかもしれないよ。

少なくともわたしは、いつもそういう疑問を持っている。

 

難攻不落と感じている何かはわたしが勝手に思い込んでいるだけで、実は突破可能なのかもしれない、って。

 

企業に勤めるコトに絶対的な意味などないし、また企業に勤めないコトにも絶対的な意味などない。

損か得かを他人から見せられて「へーこういう風にしたほうが得なんだー」なんて思うコトが、本当に自分で選び取った人生なのかな。

 

あなたにとっての損と得は、誰が決めるの?ってコト。

 

わたしにとっての得や有意義さは、誰かにとってまったく価値のないゴミみたいなものかもしれないけど、それは大して気にならない。

だってわたしにとって価値があるなら、それでいいんだもの。

わたしにとってゴミみたいなものが、誰かにとってとても価値あるものであったとしても、気にならない。

わたしにはいらないものだから、そもそも興味もないしさ。

 

でもそんな感じでいいでしょ。

 

例えば、芸術を志して就職活動をしなかった人が、何故その選択をしたのかなんて、同じ船に乗っていない誰かに理解できるはずもないよね。

かくいうわたしも、若い頃は音楽で身を立てようとして試行錯誤していた。

18歳くらいから26歳くらいまでは転げまわっていた気がする。

わたしは就職活動をしなかったんだよね。

理由は就職したいと思わなかったからなんだけど、多くの人達から「何故」の嵐をぶつけられてきた。

答えはいつも同じで、就職したいと思わなかったから、という点と、音楽で食べていきたいと思ったから、だった。

それ以上の理由はない。

結果的にわたしのチャレンジは、わたしが望んだほどの成果には繋がらず、音楽との付き合い方を変えて、その後の人生を再考したんだけどさ。

 

もしあなたが働こうと思うんだったら、働きたいと思える何かを探しなね。

スグには見つからないかもしれないけどさ。

見つけられたら、人生の色が全然変わるから。

 

また働きたくないと思うんだったら、それでも生きていく方法を探しなね。

生きてたら何かやりたいコトが見つかるかもしれない。

見つけられたら、人生の彩が全然変わるから。

 

なんだか老人の言葉みたいな文章だったな。